ビットコインが普及するために必要なこと

ビットコインは非常に便利なシステムで、アメリカではすでに通貨の代わりに用いられています。
大手のハードウェアメーカーやソフトウェアメーカーが現金の代わりに使うことを認めていますし、ネット上では決済として用いることのできるショップも多くあります。
日本では東京を中心に何十カ所かはあるそうですが、まだまだ普及はしていないようです。
これを普及させるためには何が必要なのでしょうか。
そのためには、まず利用できる場所を増やすことが必要となりますが、結論的に言えば、それを必要とするものが現れなければ普及しないと言えるでしょう。
現在の日本ではオンラインバンキングも普及していますし、その手数料も安いですから、あえてビットコインを使う必要はありません。
普及を妨げている理由は、現在のところは必要がないからだと言えるでしょう。
多くの企業が決済通貨として用いれば普及するだろうという予測は成り立ちますが、企業としても日本円で決済をすることに何らデメリットは感じていませんから、あえて導入には踏み切らないでしょう。
あり得るとすれば、投機的な取引によって盛り上がることが考えられます。
為替リスクをヘッジする必要もない人が投機的にFXの取引に飛びついたように、投機的な目的でビットコインが取り引きされれば、一気に普及する可能性はあります。
このような可能性はありますが、現時点では普及する要因は見つからないのが現状です。

合わせて読みたい情報:CLICK HERE