交通事故の逸失利益の請求は弁護士のサポートで安心

交通事故の被害者は、いろいろな方面で大きな損害を受けます。
そのひとつに、逸失利益という損害があります。
これは、後遺障害が残ってしまった場合に被る損害です。
障害が残ることで労働をする能力が低下してしまい、将来にわたって本当ならばもらえた給料などが減ってしまう形で失われる収入について被害者は逸失利益として損害賠償請求できます。
後遺障害が残ってしまい、障害に関連する損害賠償請求をするにはまずは後遺障害の等級認定を受ける必要があります。
等級というのは後遺障害認定の仕組みで、障害の内容を数字で示すことになっています。
将来にわたり失われる収入については、認定された後遺障害の等級とその方が事故に遭う前に得ていた収入、残りの労働年数を使って計算します。
よって、後遺障害の等級が相手に請求できる賠償金の額を左右することになります。
後遺障害の等級認定申請をする先は、自賠責保険の審査会です。
そして等級の認定申請方法は、相手の保険会社に全て依頼する事前認定と被害者自身が手続きをする被害者請求とふたつの方法があります。
事前認定では被害者は煩雑な手続きの必要はありませんが、等級認定申請の内容を知ることができないというデメリットがあります。
後遺障害の等級は賠償金の額を左右するものなので、被害者請求で納得のいく手続きをしておきたいものです。
そのためには、交通事故を専門にしている弁護士のサポートが不可欠です。
交通事故が得意な弁護士は後遺障害等級認定に必要な医療面の知識も多く、被害者が不利にならないよう手続きのアドバイスをしてくれます。
また弁護士は、既に認定されている後遺障害等級についても、不当な内容であれば不服の申し立てや再申請の手続きで被害者のもらえる逸失利益の金額アップのために尽力してくれるはずです。