2タイプ用意されている武蔵野新築マンションはライフスタイルや予算に応じて選ぼう

新宿までおよそ13分程度で到着出来るという好立地にあるのが、武蔵野新築マンションです。
この新築マンションの間取りは3LDKをメインに扱っており、住戸は南東方面を向いている所に特徴があり、住居専有面積は76平方メートル強程度です。
このタイプはEタイプと言い、リビングとダイニングをおよそ15帖強程度で使用する事も出来ますし、更には洋室の一室と一体化させるという利用方法も出来る様な工夫がなされています。
キッチンは対面カウンター性であるので、家族の顔を見ながらの食事は自然と会話が広がるかも知れません。
またキッチンには造り付けの食器棚が用意されているので、食器の収容には活躍してくれるでしょう。
そして、この3LDタイプの魅力は南東向きでありながら、三面採光を取り入れている事と言っても良いかも知れません。
一方で、武蔵野新築マンションでは4LDKタイプの住戸も用意されており、基本的には3LDKを踏襲した様な形になっています。
しかしこちらは住居専有面積は85平方メートル弱程度で、リビングやダイニングの広さはやや抑えめですが、ルーフバルコニーや玄関前のポーチ面積がEタイプよりも広く作ってある所に特徴があります。
どちらが自分や家族のライフスタイルに合致しているのかを、予算等に応じて選ぶと良いでしょう。