身内同士のみにくい相続争いにならないように弁護士に相談しよう

あんなに仲が良かった人間同士が、なぜ、こんなにも憎しみあわなければならなかったのか?
そんなことを後になって思うのが相続問題です。
そもそも、相続で得られる利益は、もともと自分たちのものではなく、父や母が努力して得たものであり、相続者のものではありません。
極論すれば他人の財産といっても良いもの棚ボタ式に得られる、儲けもの利益なのです。
しかし、そんな思いになれる人はいません。
親の財産は自分たちのもとお考える方々が多い。
もちろん、この世の中は法治社会である以上、法律に基づいて財産分割されます。
財産が単純にお金だけなら、法律に基づいて分配も可能でしょう。
しかし、財産はお金だけではありません。
単純に分割分配できない土地、家屋などもありますし、親が遺言書を残す場合もあります。
そうなってくると、経験も法律にも詳しくない普通の人同士では、解決をつけるのは大変に難しいことになります。
そこで、登場してくるのが専門家の弁護士さんに間に入ってもらうことです。
弁護士に相談すれば、裁判沙汰という最悪の場合にも対応できます。
とにかく、自分の言い分が法律的に正しいのかどうなのか?
を知るだけでも多いに役立ちます。
それ以前に親は生きている間に生前贈与とまではいかなくても、自分が納得できる、身内も承諾できる財産分与をしっかり遺書に残しておくことが一番ではないでしょうか。
転ばぬ先に杖として、プロの弁護士に相談して遺書作りしておくのも財産を持つものとしてのエチケットといえるでしょう。
詳しくはこちら