血・気・水の巡りに着目した漢方でPMS対策

生理の前3日から10日といった時期になるといろいろな不調を訴える女性は少なくありません。
現れる症状は人によりさまざまで、不安感やイライラといった気持ちの面での辛さや、便秘と腹部の張り・頭痛や乳房痛・食欲がなくなったり逆に過食と身体面の症状をまとめて月経前症候群(PMS)と呼んでいます。
その時期になると仕事に集中できないとかミスをしてしまうという人は、スケジュールを調整してストレスを溜めないことも大切です。
PMS緩和方法・解消術では、月経前症候群をひどくする体の冷えを減らすための生活面での工夫や、子宮を守っている骨盤の歪みを防ぐためのストレッチなどを解説しています。
また、食事の見直しやサプリメントとの組み合わせとともに漢方も効果的なPMS対策として紹介されています。
漢方では、月経前症候群を血の滞り・水毒・気の異常としてとらえます。
血の滞りは冷えなどにより新鮮な血液が体を巡っていない状態、水毒はむくみ、気の異常はイライラなどメンタル面での症状です。
血・水・気の観点から視診や問診をし、血色や舌の色、むくみの程度、性格や体格などから判断して適した生薬のブレンドを用いるのが漢方の特徴です。
全身の血・水・気の巡りを改善するので、生理のトラブルだけではなく体調が全体的によくなっていきます。